アートアクアリウム展 大阪・金魚の艶 
大丸心斎橋店 北館14階イベントホール(大阪府) 
12/1(土)〜1/21(月)

 2007年に始まって以来、東京・横浜・名古屋・神戸・京都で計135万人が動員した
アートアクアリウム展がパワーアップしていよいよ大阪に初上陸。
今回の大阪・心斎橋のテーマは「金魚の艶」。
光や音楽の演出で妖艶な空間が作り出され、煌びやかに泳ぐ金魚は見る者を幻想的な世界へ誘います。

金魚コレクション 
チョッと変わった眼を惹いた金魚
 
頂点眼  茶金花房 

 オランダ獅子顔

Byoburium/ビョウブリウム (屏風水槽)
 水墨画風の映像を背面に投影しその前に泳ぐ金魚の影で、
水墨画映像に動く金魚を加えたバーチャルとリアルの融合が生んだアートアクアリウムの代表格作品です。
座りながら鑑賞できる、「水中四季絵巻」

Zen Aquarium/禅アクアリウム (日本画水槽)
  日本画によく描かれる金魚。

Oiran/花魁 (巨大金魚鉢) 
1000匹を超える金魚が舞うように泳ぐ、巨大な金魚鉢「花魁」。
江戸の遊郭を表現しており、乱舞する金魚は花魁とそれを目指す女達を表しています。
七色に変化するライティングは、江戸花街の艶やかさを演出しています
   

プリズリウムNo.12 & No.18
屈折効果がマジカルな視覚をもたらす多面体アクアリウム。巨大な12面と18面体の2種の水槽
   

 Kaleidorium/カレイドリウム (万華鏡)